全国育樹祭記念緑地

平成8年に現在の皇太子殿下・雅子妃殿下をお迎えして「第20回全国育樹祭」が開催されました。
記念緑地は広々とした芝生公園で、おとなも子どもも 皆、走り回りたいほど開放的で、すてきな空間です。休日などは家族連れでにぎわっています。
また、芝生広場には広場造成の際に自生していた樹木が4 本、そのまま残されました。その樹木は、それぞれ「まつぞう」「みさき」「わかば」「やしゃたろう」と命名され、県民に親しまれています。

5月のミツモチの丘

7月のミツモチの丘

10月のミツモチの丘

(4本の樹木は左側から「まつぞう、みさき、わかば、やしゃたろう」という名前がついています)

12月のミツモチの丘

1月のミツモチの丘

まつぞう(アカマツ)

みさき(ヤマザクラ)

わかば(コナラ)

やしゃたろう(ヤシャブシ)


このページのトップへ