マロニエ昆虫館

感じることは、知ることよりも大切!
マロニエ昆虫館は、子どもたちだけの自然系博物館ではありません。昆虫の多様性と美しさ、人間との共生を追求した大人も楽しめる『人文系昆虫館』-感じるエンターテイメント・パビリオンです。館内はオール撮影OK!インスタ映えするアングルでどうぞ!

マロニエ昆虫館/展示のご案内

人文系の昆虫展示館

人文系の昆虫展示館

まるで絵画展のような展示物の数々。自然系博物館というよりまるで『昆虫美術館』のようです。名前が表示されていない美しい外国の標本もたくさん!世界の昆虫図鑑や本も自由に見られるので、自分で「絵合わせ」してみるのも楽しいですよ。

甲虫の立体展示

甲虫の立体展示

上からばかりでなく、横からも観察できる1mのキューブ・ガラスの展示。甲虫のリアルな構造を「立体」でお見せいたします。


表裏同時可視展示法

表裏同時可視展示法 

誰もが驚く、蝶の羽根の表と裏側が同時に見られる画期的展示法。これだけでTV取材が当館に3回来ました。どういう仕掛けなのか、ご自分の目で確かめてみませんか?

ワープロに描かせた点描画

ワープロに描かせた点描画

30年前のワープロを駆使し、文字の代わりに『蝶の点描画』を描きました。1頭分、約10万ドット!


トンボの目玉とにらめっこ

トンボの目玉とにらめっこ

トンボの標本をアクリル樹脂で封じ込め、どの方向からも見られるよう工夫しました。トンボとにらめっこできます。

凄すぎる昆虫の精密画

凄すぎる昆虫の精密画

栃木県生まれの少年が16歳の時に描いた『色鉛筆画』を展示。写真と見間違えるほど浮かび上がって見えます。


昆虫標本の貸出し事業

昆虫標本の貸出し事業

昆虫館内の標本やパネル展示物は、全国の図書館・学校・資料館等へ無償で貸し出しています。2018年までに国内外で約130ヶ所(うち海外5ヶ所)での開催実績があります。『ギリシア神話の昆虫たち』、『どくとるマンボウ昆虫展』、『ヘルマン・ヘッセ昆虫展』などは、皆この昆虫館から生まれた作品です。

蝶と花の『切り絵』

蝶と花の『切り絵』

華麗な国内産蝶類の『切り絵』作品。もはや芸術の域です。本作と本物の標本がコラボした標本箱も多数展示しています。ぜひ見比べてください。


蝶の多色摺り版画

蝶の多色摺り版画

机上の額装は70代シニアの蝶愛好家が制作した『多色摺り版画』です。この机の上で思い思いに「ぬり絵」や「折り紙」など、簡単なワークショップを楽しめます。

まるで宝石店のように

まるで宝石店のように

宝石のような甲虫類を、本当のジュエリーボックスに飾りました。こんな展示品がたくさんあります。プラチナ色の黄金虫(コガネムシ)や彫金細工のようなノコギリカミキリも収まっています。


華麗なアゲハチョウの演舞会

華麗なアゲハチョウの演舞会

世界中のアキリデス類(カラスアゲハの仲間)をずらっと整列展示。何種類・何頭いるのかなあ?  同じ種類でも、個性(個体変異)がありますよ。

ポスター

ポスター

栃木県県民の森「森林展示館」と「昆虫館」の入り口に貼ってあるポスター。「森林展示館」を見たら、その向かい側にある「マロニエ昆虫館」へも是非どうぞ!


生態写真がスマホで

生態写真がスマホで

QR(ジョウザンミドリシジミ)
多色摺り版画の下に掲示してある二次元バーコード(QRコード)読み取りアプリで、 「県民の森のチョウ」の生態写真と簡単な解説が見られます。右のコードで試してみてください。

多様性の星 地球甲虫展では、レコード・コンサートも開催!

多様性の星 地球甲虫展では、レコード・コンサートも開催!

館内では、甲虫(Beetles)がバンド名の由来になったThe Beatlesのアナログ・レコード・コンサートを毎月不定期で開催予定。もちろん無料。リクエストをお待ちしています。


このページのトップへ