ボランティア募集/県民の森(栃木県)

県民の森ボランティアは、平成21年10月から、自然とふれあう機会や自然情報の提供の充実と、森林・林業体験の重要性に対する理解の促進を目的とした活動を行っています。現在20余名の登録があります。

県民の森ボランティア活動内容

1. 県民の森の自然や利用施設を活用した自然とのふれあい及び森林・林業体験を推進する活動及びそのサポート
 • 自然の解説・ガイド、自然情報の収集・提供の補助
 • ネイチャークラフト、ネイチャーゲーム、ハイキング、バードウォッチング、オリエンテーリング、キャンプ、
  木工、林業体験などの活動に対する指導等の補助
 • イベントの企画・準備・実施の補助
2. 利用施設の管理・運営の一部を担う活動及びそのサポート
 • 遊歩道の巡視、看板・遊歩道・展示施設等の簡単な維持修繕の補助
3. 傷病野生鳥獣救護ボランティアの募集
 傷病野生鳥獣救護ボランティアに登録される場合は必ず傷病野生鳥獣救護ボランティア講習を受講される必要がありますので詳しくは栃木県林業センター(TEL 028-669-2211)までお問い合わせください。

県民の森ボランティア活動内容

県民の森ではただ今ボランティアを募集しています。
ご協力いただける方は「ボランティア申込書」をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上
FAX.0287-44-1510 または メール(info@tochimori.moo.jp)で送信して下さい。

お申込書(Word版) お申込書(PDF版)

県民の森ボランティア活動報告

2015.9.20
傷病ボランティアサポートデー(9月)実施状況 参加者10名 
1育すう8扉穴補修
2長屋整備、カワラヒワ長屋に移動
3フロント9止まり木補修
4長屋3穴等補修
5チョウゲンボウ放鳥(高根沢にて)
久々の晴天で汗ばむ陽気となりました。シルバーウイークの真っただ中、多くのボランティアさんに参加いただきありがとうございました。
 おかげさまでタヌキが破った育すう金網の補修、ネズミボトルの作成、ジャングル化していた長屋の整備を実施することが出来ました。早速長屋にカワラヒワを移動したところ、広い部屋で少し戸惑っている様子でしたが本格的なリハビリが出来そうです。幼鳥の時から保護していたチョウゲンボウは本日、高根沢 で放鳥することが出来ました。少しさみしいですが自然復帰してくれることを期待しています。
2015.6.20
森の集い「オリエンテーリング体験」開催時 パーマネントコース(約9キロメートル、高低差約370メートル)を体験されたお客様の案内やポイントでの通過記録を行いました。
2015.6.21
傷病ボランティアサポートデー(6月)実施状況
 参加者11名(雨の中ご苦労さまでした。)
1育すう横のワラの山を整理→途中まで実施
2放飼の草刈り→途中まで実施
3冷蔵庫交換、除湿器倉庫に移動
 あいにくの雨の中たくさんの方が参加して下さいました。ここ数カ月、毎月実施している草刈りは、草の成長が早く追いつきませんが、出来る限り続けていきたいと思います。

2015.5.17
傷病ボランティアサポートデー(5月)実施状況
1傷病鳥獣への給餌等(強制給餌含む)
2除草作業(フロント・長屋・放飼内)
3アオゲラ止まり木交換作業(育すう)
4育すう保温材撤去
以上実施しました。救護施設内もいよいよ夏に向けての準備が始まりました。

2015.05.24
森の集い「新緑のミツモチに登ろう」開催時県民の森最高峰ミツモチを目指し参加された33名のお客様を集合から登頂、解散までサポートしました。
2015.05.17
森の集い「県民の森ツツジトレッキング」開催時ツツジの観察を目的に参加された27名のお客様を県民の森キャンプ場から第2展望台までサポートしました。
2015.04.28
ボランティア活動報告欄を新設しました。
このページのトップへ